挑戦しよう。UVレジンでつくるバングル

こんにちは

今回はバングルの作り方をご紹介させて頂きます

~作り方~

バングルの中に入れるパーツを作成します

今回は、バングル用モールドの付属品(すき間調整用パーツに組み込まれているモールド)を使い作成しました

シリコンパレットOXCY UV-LED Resin着色剤を入れ、シリコンブラシで色ムラが無くなるまで混ぜます

シリコンブラシ先端でモールドに着色したレジンを入れていきます

パーツは「ミニパーツをつくるモールド」で取り扱っているパーツ用のモールドでも作成出来ますが、大きさによりバングルに入らないサイズもございますので、あらかじめご留意ください

モールドに着色したレジンを入れたら、シリコンブラシ先端で泡を取りのぞきます

OXCY UV-LED Lightで固めます(2分間照射)

花材は、シリコンパレットに入れたOXCY UV-LED Resinに漬け込みます

この時、花材内部の空気を出来るだけ取り除きたいので、レジンにひたしながら、ピンセットで花材を軽く摘まんで、中の空気を出し、そこにレジンを入れるように作業して下さい

バングルのサイズを調整します

まずは付属のすき間調整用パーツ(写真右手が摘まんでいる台形パーツ)をモールドの空いた部分にはめて、装着する腕に合うようバングルサイズを調整します

モールドに先程レジンに漬け込んだ花材、作成したパーツを並べていきます

OXCY UV-LED Lightで固めます(2分間照射)

シリコンパレットOXCY UV-LED Resin着色剤ホワイト入れ、シリコンブラシで色ムラが無くなるまで混ぜます

バングルの付け根側の部分に着色したレジンをシリコンパレットから直接流し込みます

流し込んだレジンに気泡があれば、シリコンブラシ先端で取りのぞきます

OXCY UV-LED Lightで固めます(2分間照射)

花材とパーツの隙間に透明レジンを流し込みます

こちらも気泡があれば、シリコンブラシ先端で取りのぞきます

花材とパーツ部分の隙間にレジンが入り込み、気泡が取りのぞけたら、バングル全体に「レジンを盛って」いきます

「レジンを盛って」とは、横からバングルを見た時に、表面張力でレジンがバングルから山状に盛られているような状態のことです

バングル付け根の白い部分も同様にレジンを盛ります

OXCY UV-LED Lightで固めます(2分間照射)

この後、モールドから外すのですが、硬化直後のレジンは熱を持っています (やけどにご注意下さい)

冷めてからモールドから外した方が「カタチ」が安定しますので、少し時間を空けて冷めるのを待ちましょう

モールドから外した後に、バリ(はみ出して固まったレジン)や盛り過ぎて丸みに欠ける部分をファイルを使って削り、成形していきます

※削った部分は、細かいキズで透明感を失いますが、この後レジンを塗って固めることで、再びツルっとした透明な仕上がりになりますので、カタチを成形することだけに集中して下さい

モールドをさかさに置いて、平たい底面を台座として使います

シリコンパレットOXCY UV-LED Resinを取り、ブラシでモールドの上側半分にレジンをコーティングしていきます

バングル半面に垂れないように少な目(薄くコート)するのがポイントです

ここでは「ブラシ・キャップ付 平丸7mm」を使いました

OXCY UV-LED Lightで固めます(2分間照射)

半面の硬化が終わったら、裏返して、もう半面を同様にコーティングしていきます

OXCY UV-LED Lightで固めます(2分間照射)

今回は、バングルの作り方をご紹介させて頂きました

sunwardshopでは、バングル以外にも、イヤーカフなど様々なモールドを販売しております

色々な作品を作って、ハンドメイドを楽しんで下さいね